FC2ブログ




クラフトバンドで作るミニチュア縁台①

クラフトバンドの切れ端がたくさんあるので、棒状や板状に接着して縁台風の腰掛けを作ってみました。
紙とはいえ重ね貼りするとかなり丈夫なものですし、パーツは多めになるけれど木工よりはお手軽なのではないかと思います。

オビツ11ならひとり用、座らせると足がぶらぶらする程度の高さです。
大きくて重いヘッドの子でもバランスを取って座らせられます。



何人か並べて座らせるならもう少しあちこち補強が必要ではないかと思いますね。

製作中の写真を撮ってinstagramに上げてみました。こちらにも転載します。
お宅のおちびさんの夕涼みにいかがでしょう。

***
***

結構丈夫な仕上がりになりますが、壊れやすい繊細な子にはどうぞお使いにならないでくださいね。


使用するクラフトバンドの数と長さはこれぐらい。
メーカーによって多少の差があるかもしれません。
細い紙紐が12本くっついて1本のバンドになっているので必要な幅に裂いて使います。裂くときは荷造り用のPPバンドを使っています。経験上、刃物では上手く切れないです。手芸本でもPPバンドを使っていますね。



Aが脚、DとEが座面、あとは補強に使うものです。



AとCはそれぞれ3本ずつ接着して棒状のパーツを作ります。
接着剤は速乾性の木工用ボンドを使用しています。
*画像の文字に誤りがあります。長い方のパーツはC(3本取り5.3cm)を3本まとめたものです。



Dを3本並べ、その上にEを縦向きに接着していきます。



Eを全部接着したら、残りのDを上に貼ります。3枚重ねの板状の座面が出来ました。



BでI字型パーツを2本コの字型パーツを2本作ります。これは脚の補強にします。



AにBを接着して脚パーツを2個作ります。I字型パーツは下から1cmぐらいのところに取り付けています。


続きは次回。

***
拍手ありがとうございました。
[ 2018/07/03 23:10 ] 小物 | TB(-) | CM(-)