編み込み模様にメリヤス刺繍をプラス

悲しいかな、楽しく編めば編むほどお洒落からは遠ざかる全面編み込みのヨークセーター。
前立て以外は編めました。1/3はやっぱり時間がかかりますね、主に途中で飽きちゃうという意味で。袖は鬼門…

さて、さらにメリヤス刺繍を詰め込むことにします。
1段にたくさんの色が欲しい部分やごく小さい飛び模様、縦や斜めストライプなどの場合に便利。
また、今回のように特に図案など書かず好きなように適当に模様を編み込んでいる場合、出来上がってからバランスのよくない部分がどうしても出ますが、刺繍で模様を足したりもできます。

以前の記事にメリヤス刺繍の手順写真を載せたのですが、生成り地にパステルイエローの刺繍という非常に見えにくいものでしたのでまた載せてみようとと思います。


刺繍をしたい目の1段下の目の裏から針を入れ、表に出します。

メリヤス刺繍①


刺繍したい目の1段上の目をすくいます。

メリヤス刺繍②


最初に針を出した目に戻って針を入れ、裏に出します。1目出来ました。

メリヤス刺繍③


編み地の糸より少し細い糸なのでちょっと目立ちますが、同じ太さの糸を選べば刺繍した部分は編み地との区別はほとんどつきません。

メリヤス刺繍④

白熊のつもりで編み込んだはずなのに、出来上がってみたら熊だか猫だか分からない何かになりました。どうせ何やってもダサいんだ、ユルくてもいいや…

前立てにボタン付けにスチームかけが残っています。あとちょっと頑張ります。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2015/12/19 10:30 ] ひとりごと、写真つき | TB(-) | CM(-)