オビツ50-04ヘッド用自作フタ

うちのパラボ40ボディにはオビツのまふゆヘッドを載っけている。

もっと背の高いボディ用のヘッドだから大きいだろうか、と迷いながら買った。
巨頭のお人形に慣れているせいもあるのか、肉眼で見ている分には特に気にならない。ただ、コンデジで全身を撮った写真を見るとやっぱりちょっと大きいかなあとも思う。

お鉢の大きさは着膨れさせてしまえばあんまり問題にならないから、気になるのは「長さ」かな…元々は48とか50とかが適合ボディだから仕方ない。

ヘッド全体を縮小するカスタムの方法はあるみたいだけど、とりあえずお手軽に頭の長さだけ少し縮めたいと思う。
粘土で小さめのフタを作ってデフォルトのフタと取り替えてみることにする。


***

以下、お人形素体写真(ウィッグなしヘッド)を載せています。お嫌いな方は閲覧をご遠慮頂きますようお願いいたします。


***


***

こういうときこそ軽量樹脂粘土、と思う訳なんだが、軽量粘土は嫌いだから手持ち在庫にない。
100均セリアで見つけてあった木粉粘土で作ることにした。
木粉粘土はとても久しぶり。ウッドフォルモの発売当初に使ったことがある。彫刻刀が使えるし、色を塗っちゃえば本物の木製に見えて面白い素材だけど、乾燥に時間がかかるし乾燥に伴ってすごく縮むのでなかなか使う機会がないのよね。

セリアの木粉粘土は軽量タイプのようで袋を開けてみて手触りにちょいとがっかりしたんだけど、ヘッドのフタなら軽い方がよかろうと思い直した。
手触りも出来上がりの「木」っぽさもウッドフォルモの方がうんと上だと思う。でも値段が全く違うんだしここは木である必要がないので気にしない。
乾燥にはやっぱり時間がかかるね。ウッドフォルモほどは縮まないような気がしたけどだいぶ昔の話なんでよく覚えてないわ。


大きめに形を作って乾燥させ、頭に合わせて削った。
隠れてしまう場所なのでやすり仕上げなどはせずカッターで削っただけ。ウィッグとの摩擦が増えて却っていいかも?


小さい、と言っても不自然になりすぎないように調整するとそんなに小さくは出来ない。1cmぐらいは、と期待してたんだけどそこまでは無理そう。
ヘッドに接する部分はかみ合わせ?の部分を作って嵌めるだけ、マジックテープとか磁石とかは使っていない。
とても軽いし摩擦係数も高そうなので、ウィッグで押さえるだけでも無茶なポーズをさせなければ大丈夫かな。

オビツ50-04ヘッド用自作フタ①


市販のウィッグをかぶせてみた。そんなに不自然にはなってないと思う。

オビツ50-04ヘッド用自作フタ②


こっちがデフォルトのフタにさっきと同じウィッグをかぶせたもの。肉眼ではほとんど変わらないように見えるんだけど、写真だと結構短くなってるのが分かるね。

オビツ50-04ヘッド用自作フタ③


結局、身長は6mmぐらい縮んでました。人間だと2cmぐらいってところかしら。人間で頭の部分だけで2cm縮んだって超小顔に変身!の部類よね…と思って満足することにしよう。

1/3用・ムートンブーツ風②

やっぱりちょっとだけ頭身バランスが変わったと思う。
全身を写すときは自作フタを使うことにしようかな。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2016/01/06 17:00 ] PARABOX40 | TB(-) | CM(-)