オビツ11用製図の応用編・膝丈パンツ

先日記事にしたオビツ11用甚平のショートパンツ製図をちょっと弄ってみる応用編。
この季節、水着風にも着られる膝丈パンツを作ってみました。

オビツ11用膝丈パンツ①

甚平のショートパンツ製図は「失敗しにくいこと」が最優先の前後同型簡易式。
上下セットになっているのでごまかせるけれど、実際穿かせて座らせたりすると後ろの方がちょっと気になるかも…
前後を同じ形にしてしまうと、後ろの股上が足りなくなるのですよね。

後ろパンツの形をちょっと弄って、座っても違和感の少ない形に。
ついでに丈を少し伸ばして膝の関節が隠れるぐらいにしました。

オビツ11用膝丈パンツ②

***
***

製図を載せてみましたが、肉眼でもはっきり分かるぐらい歪んでいますので拡大または縮小して印刷して型紙として使うことはできません。難しいものではありませんので、どうぞご自分で製図なさってみてください。
また、この製図を使ってお作りになる場合はご自宅用、ということでよろしくお願いいたします。

甚平用の前後同型パンツの製図です。(単位はcm)
これを元にして、主に後ろパンツと丈を調節したいと思います。

オビツ11用膝丈パンツ・製図①

オビツ11用膝丈パンツ・製図②

丈は0.6cmほど伸ばします。だいたい膝関節が隠れる長さです。
後ろ中心を0.2cm高くしました。ゆるい曲線でウエストラインを繋げます。
股ぐりの下端を0.1cm下げ、0.1cm前に出してゆるやかな曲線で繋げます。

オビツ11用膝丈パンツ・製図

前パンツの裾幅は2.3cmにしました。股下の線を引きます。丈を測ったら2.1cmでしたので後ろパンツの股下の丈も2.1cmにします。コンパスなどで印をつけて線を引きます。

赤い線を引いた部分か膝下丈パンツの型紙になります。

前と後ろが違う形になったので、裁つときは左右対称になるように注意します。
手縫いの場合は甚平用パンツと全く同じ手順で縫います。着用写真の膝丈パンツはウエストを紐で絞る形にしましたが、あまり具合よく行きませんでした。ゴムウエストにして飾り紐をつける形にする方がよいのではないかと思います。
全ての工程をミシンで縫うことも出来ます。

***

拍手ありがとうございました。


***
記事及び画像の無断転載は固くお断りいたします。
[ 2015/07/13 10:30 ] OBITSU11 | TB(-) | CM(-)