オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース・製図つき

久々にオビツ11用の服を作ろうか、とブラックさんを出してきたら左目が右目よりだいぶ大きいのが気になった。
それに表情がきつくて似合う服が非常に限られてたので目元口元を少し柔らかめに見えるようにちょっと弄ることにした。
少しだけしか変わらなかったけどまあいいわ…


以前リカちゃんようにも似たようなのを作ったわ。襟ぐりをゴムで絞った前後同型左右同型のラグランスリーブワンピース。小さいものなので全部手縫い。ミシンでもたぶん縫えるけど出すのが面倒だったものだから。

オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース


***
***

今回、しょぼい製図とだいたいの手順を写真に撮ったので載せてみることにしました。
短時間で、また手縫いでもできるものですのでお宅のおちびさん用にいかがでしょう。

製図は写真に撮ったものを載せているのでかなり歪んでいます。
このまま、または拡大縮小して型紙として使うことはできないのではないかと思います。
また、毎度のお願いです。この製図を使ってお作りになる場合はご自宅用、ということでよろしくお願いいたします。

今回のワンピースの製図です。補助線も曲線も少ないかなりシンプルなものです。
単位はmmです。
着丈は膝上になっています。これは襟ぐりに入れるゴムの長さでほんの少しだけ調節することができます。
それ以上の調節は製図の上ですることになります。短くしてブラウスにしてもいいのではないかと思います。逆にあまり長くするのには向かないデザインだと思います。
袖口はゴムギャザーにするので中心をちょっと下げてカーブにしています。この写真だと分かりにくいですね。

オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース①

製図の方に書き入れておくのを忘れてしまいました。これは伸縮のない布帛用です。ニット地には向きません。

小さいお人形ですので、布は薄いものが向いています。今回使ったものは綿ボイルかスケアーじゃないかと思います。ブロードぐらいになると布の張りにゴムが負けるような気がします。

型紙は、手縫いなら縫い代なしで作る方がいいように思いますがそれはお好みで。
身頃と袖の上端、襟ぐりに当たる部分の縫い代は裾広がりになるように注意してください。
襟ぐりと袖口、裾は5~6mm、その他には4mm程度の縫い代をつけて布を裁ちます。ほつれやすいものはほつれ止めを塗っておきます。

オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース②

これは袖の写真ですね。袖口は外カーブになっているので、縫い代を折ると縫い代側が余ってしまいます。
縫い代の真ん中辺りを2cmほどぐし縫いして表側にぴったり沿うように縮め、アイロンで押さえます。
襟ぐりと裾も折り上げてアイロンをかけておきます。

身頃と袖を縫い合わせます。前後と左右に気を遣わなくていいので身頃と袖が交互になっていれば構いません。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース③

襟ぐりの縫い代の部分は縫い残し、身頃・襟との境目の角(一番凹んだ部分)に切り込みを入れます。
(襟ぐりのゴムギャザーをミシンでゴム引きする場合やゴムシャーリングをする場合、この工程は必要ありません)

縫い代を割ってアイロンをかけます。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース④

ミシンのゴム引きがたいそう苦手なのでゴムギャザーにはカタン糸を使っています。
何色かあるようですので、布の色に近いものをお使いください。
必要な量は大変少ないので、必ず巻きのまま通します。先に切ってしまうと通している途中で縫い代の中に入り込んでしまったりします。

今回の必要量は4.8cmです。結んで始末する分を1cm弱足して、チャコペンでカタン糸に印を付けます。
太めの刺繍針か毛糸の綴じ針に通して、針を襟ぐりの縫い代に挟んでその外側を縫います。
身頃と袖を縫い合わせるときに縫い残したのは襟ぐりの内カーブがきつくて縫ってからゴムを通すのが難しいからです。
針を使わず直接カタン糸を挟んで縫うこともできます。その場合カタン糸を縫い付けてしまわないように注意します。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース⑤

ゴムカタンを入れながら襟ぐりを1周縫うことができたらカタン糸を引いて縮めます。先につけた印が出て来るまで引っ張ったら結んでから糸を切ります。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース⑥

足の方から着せることができるか試してみました。
今使っているのは手芸店でごく普通に売っているカタン糸です。肩もちゃんと通るぐらい伸びます。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース⑦

袖に必要なカタン糸の長さは2.4cmです。余分を少し取って印をつけます。

袖口はカーブになっているのでカタン糸を直接縫い代に挟んで縫います。縫い付けてしまわないように注意します。
片方の端をしっかり袖に縫い止めます。直接ゴム糸に針が刺さるように縫います。

カタン糸を引いてもう片方の端もしっかり袖に縫い止めます。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース⑧

袖口から脇を縫います。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース⑨

裾を上げます。手縫いなのでまつっています。アイロンをかけて出来上がり。


オビツ11用前後同型ラグランスリーブワンピース

ピコニーモボディにも着せられるのではないかと思いますが、胴の長さがだいぶ違うのでブラウスにしかならないのではないかと思います。


***

拍手ありがとうございました。


***

記事、及び画像の無断転載は固くお断りいたします。
請別擅自轉載報道和圖像。

[ 2014/05/03 15:30 ] OBITSU11 | TB(-) | CM(-)