ピュアニーモSボディ用ワンピース②・本気の仮縫い

さて。くまころんさん用クリスマスっぽいワンピースを作るにあたって、古代人も真っ青な貫頭衣から何とか進化させねばならない。

最初の貫頭衣状態でまず決めるのはだいたいの服の形。しつけ糸で縫い止めたところに線を入れてボディから外す。書いた線に沿って切り取って紙に写して不自然な部分を直して、それを布に写し取って仮縫いして着せて…
それの繰り返し。2~3回で決まれば御の字、たいていそれでは無理。

今回はダーツを見ていたらプリンセスラインっぽいものを作りたくなったので身頃の型紙を縦に分割してスカート部分と繋げることにする。

あちこち直してもうそろそろいいかしら、と思ったので手縫い糸で本気の仮縫いをしてみた。

ピュアニーモS用ワンピース②

最初の貫頭衣と同じ布を使っている。ユニクロの夏物スカートで1回しか穿いてないのに仕舞ってあるうちに大きなしみが出来てたのでばらした、その裏地。裏地が綿なんてちょっと素敵。

襟ぐりを思い切って開けてみた。ボディだけのときは結構いい感じ、と思ったのにころんヘッドにはあんまり似合わないみたい。でも今回はこの形で行こうと思う。

袖とかスカートとか、やっぱり気に入らないところがある。もう少し直してから本番布で縫おうと思う。

***

拍手ありがとうございました。


[ 2013/12/13 07:45 ] PURENEEMO S | TB(-) | CM(-)