羊毛フェルトで作る縫いぐるみ風黒猫②

羊毛で作る縫いぐるみ風の黒猫。
ボタンジョイントなのでお座りもできます。

作業工程を写真に撮りましたので載せていこうと思っています。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫⑨

***

ここから先、ただの黒い玉の連続になりますので畳みます。興味がおありの方のみどうぞ。

***
***
自己流なので「作り方」とはちょっと書けないと思っています。
だいたいこんな流れで作っています。


羊毛とフェルティングニードルを用意します。
今回、羊毛はハマナカの50g入り単色、針はクロバーのアップリケパンチャー用を使っています。
今は羊毛も針も100均でも手に入りますね(ただし色数は少ないようですし、針は折れやすいとも聞きますが)。

繊維の流れる方向に沿って引っ張って少しずつ抜き取ります。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫②

頭を作ります。
毛糸玉を作るように羊毛を巻いて玉を作ります。
土台は直径5cmぐらいにしておきましょうかね。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫④

フェルティングニードルで羊毛の玉をつつきます。
「つつく」というニュアンスが正しいのだと思っています、あまり力を入れずに数多く刺しますので。
針は非常に鋭いので、指や手にちょっと当たっただけでも刺さります。
力を入れると大きい怪我にもなりかねませんし、針が折れることもあって非常に危険です。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫⑤

針でつついていると羊毛が絡んで縮みます。上の写真と同じ玉なのですが、ずいぶん小さくなってしまいました。
あまり固くしなくていいので、これを土台にして新しい羊毛を巻き付けては針で刺します。
巻き付けた毛の流れが見えなくなるようにつつきます。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫⑥

作品の堅さ風合いはお好みで、なのですが、下の写真ぐらい毛羽だっていると出来上がってから毛玉が出来やすく作品が長持ちしません。
毛羽を押し込むように針でつつきます。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫⑦

毛羽が目立たなくなりました。
ボタンをつけたり刺繍をしたりしたいのでかなり堅くなるように作っています。

羊毛フェルト・縫いぐるみ風黒猫⑧



記事及び画像の無断転載は固くお断りいたします。

***

拍手ありがとうございました。


[ 2013/09/21 11:00 ] 小物 | TB(-) | CM(-)