お土産熊さん用原型を作る。

子どもが遊園地に遊びに行くと言う。

開園した頃に行ったきりだ。いつかまた行くことがあったらあの熊さん買うんだ…

そうしたらお土産に買ってきてくれた。

とても大きいのね!!
夢の国価格だったと文句を言われたけれど、このサイズの縫いぐるみでその値段なら別に高い部類には入らないと思う。それよりもこれがSサイズだっていうことの方が驚きだわ。

せっかく買って来てやったんだから何か作って着せてやれよ、と言われたのでまず服の原型を作ることにする。

***
***

Dollybirdで人形服の原型講座を連載していらっしゃる荒木さわこ先生のサイトで拝見したように、ボディをラップで包んで保護してから作り始める。

縫いぐるみ用原型①

軟らかいから締め付けてしまわないようにするのにはちょっと気を遣うね。

縫いぐるみ用原型②

とりあえず原型ができたので厚紙に写し取った。
トップス用はそんなに奇抜な形にはならないんだけど、パンツ型紙がなんだかすごいことになった。
まず人間と同じような形にして仮縫いして穿かせてみたら、脚が座りやすいような位置についているのであちこちに変な皺が寄る。
ダーツを寄せたり切り開いたりした後に単純化させてみたらとても変な形になった。

縫いぐるみ用原型③
 
作った原型が使えるか1枚作ってみた。原型そのままで「服」にはできないので柄合わせは考えない。
「何か作ったら」と貰いはしたものの柄の賞味期限が切れちゃってるので死蔵していた謎の花柄布がここにきて役に立った。裏が白くて印がつけやすい。
熊さんはサイズが大きいので在庫減らしにはうってつけ。

縫いぐるみ用原型④

襟ぐりの形を決めるついでにフードの型も取ってみた。
布の状態でもう4回直している…この後もまだ直す……

パンツの方はだいたいこのまま服にできそう。
トップスの原型には少し緩みを入れないと服にできないな。

家人が見て「いいパジャマができたじゃないか」と言った。確かにそう見えるかも。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2013/03/04 11:00 ] ひとりごと、写真つき | TB(-) | CM(-)