4本~5本針で編むリカちゃん用ニット帽・仕上げ②

ニット帽の仕上げ。共糸で作ったポンポンをつけることにしましょうか。

ポンポンメーカーを使えば簡単に作れますが、サイズが限られてるので欲しいサイズのものがないこともあります。
今回は4cm幅の厚紙を使って作ることにします。

厚紙に毛糸をぐるぐる巻きます。少なすぎると綺麗な球になりませんが多すぎるとまとめるのが難しくなります。
50回ぐらい巻くことにします。(制作中の写真は実は巻きの回数が少ないです。寂しいポンポンになったので帽子に載せているのは作り直しました)

1/6ニット帽⑫

厚紙を外して真ん中をきつく縛って結びます。共糸ですると目立たなくなりますが、きつく絞れなかったり強度が足りないことがあります。近い色の綿手縫い糸などでもいいと思います。

1/6ニット帽⑬

輪になった両端を切り、球になるように刈り込みます。
これは純毛毛糸で作っているので、仕上げにスチームを当てました。

帽子のてっぺんに縫い付けて出来上がり。
必ずポンポンの中心を針が通るようにして縫い付けます。

リカちゃんがかぶってみました。仕上げ前の状態に比べて編み目が揃っているのがよくわかるのではないかと思います。
1/6ニット帽⑭

秀吉ヘッドにはちょっと深め。男の子ヘッド用ならポンポンはなくてもいいかも知れません。
1/6ニット帽⑮

不親切なわりに長い記事になりました。長々とおつきあいくださり誠にありがとうございました。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2012/12/07 00:10 ] 小物 | TB(-) | CM(-)