ドールヘアで自作する1/6用ウィッグ①

入れ目ヘッドには髪がないのね、当たり前だけどさ……

メイクをしたオビツ21-03ヘッドは黒のストレートロングにしようと思っている。
黒髪なら市販のドールウィッグがあるけど、こんなにちっちゃいのに結構お値段が張るのねえ。これだけ出すならボディが欲しいと思ってしまう。

リカちゃんヘッドの髪を修理するときに使った黒のサランのドールヘアが残っている。
入れ目ヘッドの蓋に植えてもいいか、と思って買ったんだけど、植毛用ヘッドより厚みがありそうなので諦めた。
ドールヘアを使ってしまいたいから、ヅ…じゃなくてウィッグを自作してしまおうか。

***

以下、お人形素体写真(入れ目ヘッドのみ)があります。お嫌いな方は閲覧をご遠慮いただきますようお願いいたします。

***
***

ボア生地を縫い合わせて作るとか市販のウェフティングをウィッグキャップに縫い付けるという方法は一応分かってるんだけど、今回はサランのドールヘアありきだからこれらとは違う方法で作らないといけない。
ここから先は超自己流。

この先、大まかな手順を追って載せていこうと思っているのですが、

・ある程度の材料道具の手持ちがある方(材料道具を全部買い揃えると市販ウィッグの価格より高くつくと思うので)向き
・セミロング~ロングのレイヤーなしの髪型向き
・1/6系ヘッドなど小さいサイズ向き
・道具の性能によっては失敗や怪我をする危険性あり

なので誰にでもお勧めできる方法ではありません。
こんな乱暴な方法でもとりあえず遠目にはそれっぽいものができるんだ、程度に眺めていただければ、と思います。

***


自己流の方法だと市販のウィッグキャップはちょっと向かない気がするので、ガーゼで土台を作る。

自作1/6ウィッグ①

ヘッドにラップをかぶせ、布用ボンドを塗ってシングルガーゼを延ばしながら貼り付ける。向きを変えてもう1枚重ね貼り。
「布用ボンド」は洗濯可、と書いてある物を使っている。木工用ボンドだと絵の具など湿気が入ると溶けるから。

乾いたらアクリル絵の具で塗っている。ガーゼや髪の色によってはこの工程は要らないと思う。

自作1/6ウィッグ②

乾いたら広げてしまわないように取り外し、希望の髪型を考えながらウィッグ土台の形に切る。
これは頭の蓋よりほんの少し大きいぐらいに切ったけど、もうほんの少し大きくてもよかったかなあと思う。

この写真だけ、消してしまった「前の顔」だ。やっぱり色が気に入らないから塗り直してよかったと思っておく。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2012/08/06 08:30 ] 小物 | TB(-) | CM(-)