オビツ11布ショーツ・製図つき

十一さん用布ぱんつの型を取ってみたら足の方から穿けなかった…というのがしばらく前の記事。
型紙を直したので、やっぱり布で作ってみることにする。

ミシンで平ゴムを引くのが苦手。うちのミシンはデリケート(と言う名の半壊)だし。
なのでゴムカタンを買ってみたけど、水平全回転釜のミシンでシャーリングできるかどうか誠に怪しい。
うちのデリケートミシンで実験してもし壊れたら泣いても泣ききれない。

下糸の調子を強めて縫うのがゴムシャーリングのお約束。
じゃあ、よく家庭科の教科書なんかに載っている「下糸調子が強すぎる」状態っぽく手縫いしたらいいじゃないの。

小さいものだから何とかなるよ。縫い目のばらつきはご愛敬。

手縫いゴムシャーリング


***

以下、お人形素体写真(ヘッド・着衣なしボディ)があります。お嫌いな方は閲覧をご遠慮頂きますようお願い致します。

***




***

とりあえず全部手縫いにしてみた。

オビツ11布ショーツ①

首なしボディさんに穿かせてみる。ちゃんと足の方から穿けました、ほっ。

オビツ11布ショーツ②

後ろ。座らせても一応判決(なぜか誤変換なのに直さない)にはならない。

オビツ11布ショーツ③

***

何とか穿ける形になりました。
どうもオビツ11服の型紙をお探しの方はそこそこいらっしゃるようなので、下着の需要まであるのかどうか甚だ謎ですが寸法つき製図を公開してみることにしました。

素人の作ったショボいパターンですので、あくまでご自宅のおちびさんたち用に、ということで…

オビツ11布ショーツ・製図

実物大型紙を載せられるような高度なことはは残念ながらできませんので「寸法つき製図」になっています。
画像を拡大縮小してもたぶん実物大にはならない(スキャナーを使用していないため)ので、もしお使いになられる場合はご自分で製図なさってみてください。赤い補助線を先に引くと製図しやすいと思います。1mm方眼用紙も便利です。

(4/11追記:画像を52%に縮小して印刷するとほぼ実物大になるとTwitterにてお教え頂きました。ありがとうございました。)

数値の単位はmm、縫い代込みではありません。別に3~4mmの縫い代が必要です。
画像に「布帛用」と書きました。今回は綿ローンを縦地に取って使っています。
ニット地には不向きな型紙ではないかと思います。

近いサイズの別種ドールとの互換性について。
(2012年7月追記)
ピコニーモボディを入手したので着せてみました。
・ノーマルSタイプはそのまま穿かせることができます。
・デフォルメタイプは足首パーツを外して穿かせることができます。

作業手順は

・布を裁ち、縫い代をピケで始末する
・股ぐりの縫い代を折り込み、ゴムを引く
・脇を縫う
・ウエストを二つ折り縫いし、ゴムカタンを通す

こんな感じで作っています。私は全部手縫いで作りましたが、ミシンで出来る工程もあるのではないかと思います。


*記事、及び画像の転載は固くお断りいたします*

***

拍手ありがとうございました。

[ 2012/04/10 20:10 ] OBITSU11 | TB(-) | CM(-)