「Dolly* Dolly vol.6」

お互い引っ張り込んだり引っ張り込まれたりしている私の「同好の士」たる身内がプレゼントしてくれた。

ドーリィ*ドーリィ (Vol.6) (お人形MOOK)ドーリィ*ドーリィ (Vol.6) (お人形MOOK)
(2004/12)
グラフィック社編集部

商品詳細を見る


これはまだ中を見たことがなかった。一度眺めてみたいと思ってたのよ。

頁をめくって目に飛び込んできた懐かしいイラスト!!
高橋真琴のお姫様だ!
ちょうど数日前に本屋の店頭でこれ↓を見かけて懐かしく思ったばかりだ。
MACOTOのおひめさまMACOTOのおひめさま
(2001/04)
高橋 真琴

商品詳細を見る

それなりに歳を重ねたオトナ女性ならたぶんみんな知ってるよね、この絵柄。
フリフリヒラヒラとかキラキラお目々とかにあまり興味がなかった私でも色鉛筆のケースは高橋真琴のお姫様柄だったもの。

真琴お姫様カスタムドール記事に目が釘付け。いろんな意味で。
だって元の素体に何を使ってるか全く書いてないのよ。
フェイスペイントやヘアアレンジ(お湯パーマ含む)はいろんな子に応用可能だから別にいいんだけど。
ドレス型紙が載ってるのはどうしたらいいんだろうね。何のボディ使ってるか分からないのに作れないよ(笑)
同じ本に載っているブライス型紙と比較してみたらちょっと大きいようだ。
顔のモールドも結構見覚えがあるような…有名日本メーカーの27cm級ドールのリペイント、ボディも同じドールのものと推測しているけどどうなのかなあ。

セキグチmomokoが発売される直前だったのね。製作写真が楽しい。
写真講座の連載、この号の記事はすぐに役立つものだと思う。

型紙の数はちょっと少ないかな。でも小さい子の型紙がいくつかあるし、モモリータさんの連載型紙もあるからまあ満足。


[ 2012/01/05 10:10 ] | TB(-) | CM(-)