「Dolly* Dolly vol.18」

中学・高校と制服があった。どちらもセーラー服だったな。この辺りではわりとありがち。

セーラー服、冬は寒いしあちこちスカスカであまり実用服じゃないと思う。近くにブレザー制服の学校ができたときとても羨ましかった。そこに通う幼馴染みに愚痴ったら「これ、ちょっとでも太ると大変。セーラー服の方が調節が利くと思う」と言う。どちらにも長所短所があるものなのねえ。

姪は「高校は制服で選ぶわ~」と言ってた。それもまあ、アリだとは思う。

「制服で選ぶ」といえば、近くにある学校の制服。嘗てトンデモ制服だった時代がある。田舎なのと校風も相まって非常に悪目立ちした。ほんの数年、というかその前に使っていた制服を着る子が完全にいなくなる前に消えてしまったような……今学校沿革を眺めてみても出てこない。完全に黒い歴史になってるんだろうか。

そんなあれこれを思い出しつつ読んだ。

Dolly*Dolly ドーリィ*ドーリィ Vol.18 (お人形MOOK)Dolly*Dolly ドーリィ*ドーリィ Vol.18 (お人形MOOK)
(2008/12/08)
Dolly*Dolly編集部

商品詳細を見る


リカちゃんは茶髪金髪も決して悪くないんだけど、黒髪さんは清楚でほんとに可愛い。
自分で買うなら黒髪さんがいいなあ、と思う。
「戦後女学生制服パレード」が面白かった。
だいたい10年毎の制服の変遷を追っている。私は掲載年代の狭間なんだわ。前と後、どっちもありそうななさそうな感じだった。

写真の頁では学校の制服の他にも市販の職業制服などがたくさん載っている。
昔の顔のリカちゃんがたくさんいて懐かしくなった。うちにいたのは初代だったか2代目だったかどっちだろう…
型紙は連載の他はリカとmomokoの学校制服だけ。ブライスがないのに驚愕、リカとの互換性が高いからいいのかな……ブライス制服もちょっと見たかったかも。
職業制服型紙も何種類かあればよかったなあと思った。

古本をかなり安く買ったので内容にはわりと満足。でも定価だったらどうだろう。

***

店頭で「Dolly* Dolly vol.27」を眺めてきた。
表紙の着ぐるみさんが可愛い。ミディちゃんサイズだけのようなのでうちで着られる子はいないけど。
着ぐるみさんパターンはかなり細身に見えた。
別冊付録はかなり中途半端。
マフラーと帽子だけ、というところを見ると初心者向けなんだろう。でも難易度の高い棒針編み込み帽子載せてるし。しかも色替えのやり方は載ってなくて編み図だけだったような。
編み込みまでできる人には帽子だけじゃ物足りないだろうに。この雑誌は時々こういう中途半端なことをするなあ。

でもお正月休みに読むために買ってしまおうかな、とは思っている。


[ 2011/12/13 07:30 ] | TB(-) | CM(-)