七転八倒、ハンチングキャップ①

ウェインさんに帽子が作りたいと思った。

ハンチングキャップ。

最近は街を歩いていても若い子がかぶっているのをよく見かける。

チョイ悪風にもかぶれるけど、うちのウェインさんがかぶるとレトロ風になるだろう。


家人は自分のファッションにこだわりのあるオサレ親父なんだけどちょっとテイストが違うらしいので、間近でハンチングを見たことがない。

検索してみると、意外に少ないパーツで作っていることが分かった。


「分かった」=「作れる」ではない。

まして、人間のサイズではないのだもの。

そこから先は七転八倒。

型紙を作り、組み立ててかぶせてみては落胆の繰り返し。


七転八倒、をほんとに7~8回繰り返した頃、「ドール・コーディネイト・レシピ」にブライスサイズのハンチングが載っているのを知った。


これ↓

ドール・コーディネイト・レシピ〈4〉ロマンティック・ガーリー―ブライス、momokoドール、タ.../関口 妙子

¥1,575
Amazon.co.jp

絶版になっている本だし、マーケットプレイスではすごい高値になっているのね。

これも駄目モトで図書館にないか調べてみる。

あるよ♪ 

さっそく借りてきた。

どんな本でも、拡大しないといけない型紙というのは許せん。といつも思っている。

ブライスの帽子、大きいのは分かるけど200%は「なし」だと思う(怒)

コピーするのに非常に苦労した。

拡大なら紙サイズが倍、というのが最大限の許容の範囲でしょう。

それ以上なら寸法つき製図を載せてくれた方がうんと実用的。

最近発行のDCRシリーズはそこが改善されて別紙の実物大型紙が載っているようになったらしい。

別紙型紙も結構めんどくさいんだけど、超拡大よりはずっとまし。


*悪循環工房*-ハンチングキャップ①


ブライスとテヤンでは頭のサイズもシルエットも違うからそのまま使うのはちょっと無理みたい。

それでも、こんな大きさでこんな形なんだー、と雰囲気を掴むのにはとても役に立った。

型紙を作り直して布を裁つ。

表地は在庫のグレーのウール、フラノかモッサだと思う。かなり厚地。

裏は100均の自称綿100%。

[ 2010/12/27 11:57 ] TAEYANG | TB(-) | CM(-)