不用品でドール用カチューシャ台

ダウンスタイルの髪ならカチューシャがあってもいいなあ、と思った。


細いものならワイヤーで自作すればいいけど、太いのはどうしようかな……

材料費はなるべく抑えたい。


そういえばリカ本かジェニ本でフィルムケースを切って作ってあったのを見た気がする。

同じような円いものを切って作ればいいじゃないか。

うちは家族がみんな炭酸ラヴァーだから、「円いもの」は毎日のように出るじゃないか。そのままならゴミになるもの。



というわけでちょん切ってみました。三ツ矢サイダーの500mlペットボトル。

サイダー瓶に限らず、凹凸の少ないボトルの方が使える部分が多いですね。

ファンタ瓶は結構面白いものができそうだけど加工が大変かな。


*悪循環工房*-カチューシャ台①


ボトルの口側の円錐形部分を切り離す。

縦方向に鋏を入れて、底に近い部分まで切る。

底を切り離す。

全部カッターナイフで作業してもいいけど、鋏併用の方が楽で安全。

カッターは最初に鋏の入れ口を作るだけ。


カチューシャ台の素、完成~

あとは好きな幅と長さに切って布でくるめばカチューシャ一丁出来上がり。

写真のは3cm幅。

これぐらいあれば熊耳とか猫耳みたいに重たいものも載せられそうだけど、これはちょっと太すぎかも…



*悪循環工房*-カチューシャ台②


輪を切り離しただけで直径は変えてません。

横から見たら、長さはこれぐらい。

耳の下まであると思う。

重いものを作るなら、長いままの方がいいかも。

ブライスにはどうか分からないけど、テヤンヘッドでも楽勝なのでプーリップには使えると思う。


[ 2011/06/08 12:32 ] 小物 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する