1/6籠巾着②

1/6サイズ(たぶんね)の籠巾着、続き。

1/6籠巾着④

紐通し口を作る。
絹の穴糸があればよかったわ。これは30番ミシン糸。

1/6籠巾着⑤

いい紐がなかったのでとりあえず綿の編み糸を通してみた。

1/6籠巾着⑥

ちゃんと閉じられた。一応出来上がり。

手提げ紐の色が赤すぎると思うので、アジアンコードあたりで合う色の紐を探して来ようかな。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2013/07/27 14:30 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

1/6籠巾着①

クラフトバンドで小さい籠を作ったので、今度はそこに袋布をつけて巾着にしようと思う。

袋にする布を選ぶのにまた一苦労。
プリントの柄から一色選んでそれっぽい色の布を探すのがいいだろうか。
しばらく前、義母が「紅絹があるんだけど要らないか」と言うので何でも欲しい、と言ったらついでに着物の裏に使っていた布も探しておいてくれた。
柄がちょっと大きいけれど色も厚みもいいと思うのでこれを使うことにする。


***
[ 2013/07/25 11:45 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

クラフトバンドで作るミニかご②

クラフトバンドを編んで作るミニかごの続き。

実用品ではない、ということで相変わらず自己流の怪しさ満載になっております。あくまで「それっぽい何か」を作ってる、という感じでご覧頂ければ幸いです。


底の部分は出来上がり。

かごの形はいろいろあるけれど、今回は芯を直角に立ち上げて編むことにする。編み紐は2本。

クラフトバンドのミニかご⑥

編んでいると、編み紐が上に浮いてきてかごの目が詰まらないことがよくある。
ところどころに木工用ボンドを少しつけて編み紐と芯を接着している。これは邪道なのかもしれないけれど。

これぐらいでよかろう、というところまで編めました。

クラフトバンドのミニかご⑦

編み紐をカットして内側に目立たないように接着。

縁の始末は何種類もあるけれど、今回は縁と内側が完全に見えなくなるので一番簡単な方法で始末。

クラフトバンドのミニかご⑧

芯を短くカットして内側に折り込んで接着。くっつくまで小さいクリップで挟んでおくと簡単。

クラフトバンドのミニかご⑨

出来ました。実用品じゃないのでこのままでも構わないし、ニスなど塗ってもいいと思う。



これ自体を作るための所要時間は30分も要らないのだけれど…
サイズと芯の数を決めるまでに何倍も時間がかかっている。

クラフトバンドのミニかご⑩

完成品は一番手前。奥から試作2号、3号。出来上がって持たせてみたら大きすぎたのでだんだん小さくした。完成品でもまだ大きい気はするんだけれどね。

***

拍手ありがとうございました。
[ 2013/07/22 12:00 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

クラフトバンドで作るミニかご①

エコクラフト、というのはハマナカの登録商標のはずなので、似たような紙の紐はクラフトバンドと総称するんだと思う。

いろんな手芸に手を出してきたけれど、クラフトバンド手芸は相性が悪い分野のひとつ。
編むのに力が要る、きちんと計算して分量を出さないと綺麗に仕上がらない、そして完成品は結構重い…そんな理由…

しかし、竹とか籐とか蔓とかじゃないと出来ないと思ってた籠細工がお手軽にできるって素晴らしいと思う。
そして実用品じゃないごく小さいものなら力もあんまり要らないかな。

ちっちゃい籠巾着を作りたいのでまず籠を作ってみることにする。

***
[ 2013/07/20 15:00 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

オビツ21・文鳥さんメイク直し

ソフビヘッドのアイペイントやメイク用にMr.カラーも何色か買ってみたんだけど、あっという間に乾きすぎるのでとても難しい…

Mr.カラーにもちゃんとリターダーがあるというのを今さら知ったので買ってみた。

Mr.リターダーマイルド T105 【HTRC 3】Mr.リターダーマイルド T105 【HTRC 3】
()
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る


もっと早く知りたかった。便利、とても便利。

オビツ21-03ヘッドの文鳥さんのメイクはアクリル絵の具で描いている。
リップは気に入っているのと落とすと赤い絵の具が流れて他の場所に染みついたら嫌なのでそのままにして、目元と眉を描き直してみようと思う。

あまり雰囲気は変えないようにしたいわね。

***

文鳥さんはいつでもホラーなので畳んでおきます。興味がおありの方のみどうぞ。

[ 2013/07/18 17:45 ] OBITSU 1/6 BODY | TB(-) | CM(-)