羊毛うさぎ&うさ帽子

うちの"どんぐりさん"はデフォルトの年齢設定よりもうんと幼く見えるので、縫いぐるみなんかを抱かせても似合いそう。

卯年直前なのでうさぎにしよう。


身長10cm前後だったら、私には縫うより羊毛フェルトで作った方が簡単かも。


リアルとデフォルメで迷ったけれど、縫いぐるみっぽく、と決めたのでテディベア風にする。


*悪循環工房*-羊毛うさぎ

ピンク地にカラーネップが入った羊毛でボディ、濃ピンクで耳と手足の裏。

テディベア風なのでボタンジョイント。

目は4mmチェコファイヤーポリッシュ。

全部在庫でできました。


耳のてっぺんから足まで、約13cm。抱っこさせるとかなりのボリューム。


ネタ的かぶりものが作りたくなったので、羊毛でもうひとつ。

耳のついてるうさ帽子。



*悪循環工房*-うさ帽子

最近はニードルで縮絨させてばかりだったけれど、こういう大き目の平面はニードルは向かないのでお湯と石鹸を使ってみた。

思ってたよりうんと縮んだ……



***


今年の更新はこれで最後にします。

年の瀬もかなり押し迫ってから、しかもランキングなどにも参加せず細々と始めたブログ。

自分以外のどなたかが見てくださっていることに驚き、またありがたく思っております。

これからも、ぼちぼち覗いてやっていただければ幸いです。


当方、家庭の事情により年末年始のご挨拶は控えさせていただきます。

寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。

[ 2010/12/31 17:05 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

Aラインカーディガン②

甘甘テイスト、Aラインカーディガンの出来上がり。


*悪循環工房*-Aラインカーディガン・前

バック細編みで縁を始末。

ボタンはつけずに襟元だけ鎖編みのリボンを結んで留めるようにした。

リボンの先には小花モチーフをつけている。重みが出るのでリボンが跳ねない。

着丈が長いので、広がるスカートの上にも着られるようにしてある。



*悪循環工房*-Aラインカーディガン・後ろ

後ろ身頃に少しギャザーを寄せ、その上に小花モチーフを留めつけている。

バックスタイルも甘甘。

[ 2010/12/30 00:50 ] DAL | TB(-) | CM(-)

Aラインカーディガン①

”どんぐりさん”にも何かニットを、と思った。

彼女はひたすらラブリー路線で行こう、と思っているのでニットも甘甘にしたいのよ。


在庫毛糸にもよい色のはあるのだけれど、100均で見かけた糸の色に一目惚れ。

チェリーピンクとかベリーピンクとか、そんな感じの色。実に可愛い。

中細程度の太さでちょっとモヘアっぽく起毛してある。

また在庫を増やすのか、という心の声に「100円だし1玉だし、きっちり全部使い切るからいいじゃないか」と反論して買ってくる。


兄さんのだぶだぶカーディガンが可愛かったけど、もちろん同じ形では肩幅が広すぎるし袖が長すぎる。

裾幅はだいたい同じにしてAラインっぽいシルエットにすることにした。

Aラインは「森ガール」のお約束、らしいしね。


編むのは普通の人よりかなり早い方だと自負している。

それでも、これで行こう、と思える形を作るまでに時間がかかってしまった。

後ろ身頃を3回全部編んでから解いた上に、前後身頃と袖を片方編んでからやっぱり全部解いた(泣)

小さくても服。テキトーに編んではいけないのね。


おまけに、色だけ気に入って買った糸の編みにくいこと。

糸割れがしやすいし毛玉ができやすいのでイライラする。

だいたい、デフォルトの玉の状態で既に毛玉できてるってどうなのよ。

お人形さんは文句を言わないけど、これで実用品を編めと言われたら暴れます私。


形さえきちんと決めてしまえば、小さいものだから後は早いよ。



*悪循環工房*-Aラインカーディガン①

小さいけれど、パーツの形は人間服とほぼ同じ。

これからはいで組み立てます。

[ 2010/12/28 17:02 ] DAL | TB(-) | CM(-)

七転八倒、ハンチングキャップ②

ハンチングはパーツの数が少ないから、わりと帽子の中では作りやすい方なのではないか、と思う。


とにかく縫ってみた。



[ 2010/12/28 00:43 ] TAEYANG | TB(-) | CM(-)

七転八倒、ハンチングキャップ①

ウェインさんに帽子が作りたいと思った。

ハンチングキャップ。

最近は街を歩いていても若い子がかぶっているのをよく見かける。

チョイ悪風にもかぶれるけど、うちのウェインさんがかぶるとレトロ風になるだろう。


家人は自分のファッションにこだわりのあるオサレ親父なんだけどちょっとテイストが違うらしいので、間近でハンチングを見たことがない。

検索してみると、意外に少ないパーツで作っていることが分かった。


「分かった」=「作れる」ではない。

まして、人間のサイズではないのだもの。

そこから先は七転八倒。

型紙を作り、組み立ててかぶせてみては落胆の繰り返し。


七転八倒、をほんとに7~8回繰り返した頃、「ドール・コーディネイト・レシピ」にブライスサイズのハンチングが載っているのを知った。


これ↓

ドール・コーディネイト・レシピ〈4〉ロマンティック・ガーリー―ブライス、momokoドール、タ.../関口 妙子

¥1,575
Amazon.co.jp

絶版になっている本だし、マーケットプレイスではすごい高値になっているのね。

これも駄目モトで図書館にないか調べてみる。

あるよ♪ 

さっそく借りてきた。

どんな本でも、拡大しないといけない型紙というのは許せん。といつも思っている。

ブライスの帽子、大きいのは分かるけど200%は「なし」だと思う(怒)

コピーするのに非常に苦労した。

拡大なら紙サイズが倍、というのが最大限の許容の範囲でしょう。

それ以上なら寸法つき製図を載せてくれた方がうんと実用的。

最近発行のDCRシリーズはそこが改善されて別紙の実物大型紙が載っているようになったらしい。

別紙型紙も結構めんどくさいんだけど、超拡大よりはずっとまし。


*悪循環工房*-ハンチングキャップ①


ブライスとテヤンでは頭のサイズもシルエットも違うからそのまま使うのはちょっと無理みたい。

それでも、こんな大きさでこんな形なんだー、と雰囲気を掴むのにはとても役に立った。

型紙を作り直して布を裁つ。

表地は在庫のグレーのウール、フラノかモッサだと思う。かなり厚地。

裏は100均の自称綿100%。

[ 2010/12/27 11:57 ] TAEYANG | TB(-) | CM(-)