100均毛糸で作るドール用ポンポン椅子

小さめのお人形用に毛糸のポンポンで椅子を作りました。
100均で入手できる毛糸でお手軽に。

後からパーツを載せるだけで来年の干支、犬っぽくもなります。フェルトの耳とアニマルアイ(あるいは黒いボタン)、太めの黒い糸を載せただけ。



***

100均でも手に入るポンポンメーカーを使おうと思ったのですが、イメージする大きさにならなかったので今回は厚紙を使っています。これは某ネット書店の箱によく入ってくる段ボールです。
毛糸は並太~極太のお好きなものを。今回はダイソーのアクリル100%並太40gを用意しました。純毛の方がふんわり仕上がりますが真っ白が欲しかったので…
100均の純毛糸はひと玉の量が少なかったような記憶があるので、並太なら40gを目安にご用意ください。極太はもう少し余分に必要かもしれません。

大きくて巻く回数の多いポンポンは共糸ではきつく結ぶのが難しいです。たこ糸や綿の手縫い糸などの丈夫で延びにくい糸をご用意ください。





***
[ 2017/12/23 18:16 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

自作ハンドパーツ・影絵狐

売ってなければ作ってしまおう、という話…

影絵の狐ポーズのハンドパーツが欲しかったのでMDDとオビツ11のふたつのサイズで作ってみた。
素材はオーブン樹脂粘土。



焼く前にだれて形が崩れてきたので、棒に差して冷蔵庫で冷やしておいた。

しばらくしたら台所から悲鳴が…何も知らない家族が冷蔵庫の扉を開けたようで…

***

拍手ありがとうございました。
[ 2017/07/30 10:30 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

クラフトバンドのミニトランク試作

うちにある手芸本を少し減らすつもりで整理を始めたら紙バンド手芸の本がたくさん出てきた。
本を買うだけでちっとも作品が増えないジャンルのひとつ。必要な紐の長さを計って数を揃えるだけでやる気が終了してしまう…

小さいものはそこまで頑張らなくてもいいので少し気楽。オビツ11が持てるサイズのトランクを作ってみた。
(写真はクリックでInstagramに飛びます)



蓋が開くように作ってある。



サイズと留め具部分を再検討したいのでこれは試作品に…

***

拍手ありがとうございました。
[ 2017/06/30 20:43 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

オビツ11用組み立て式ドールポーチ・バスケット柄・濃茶

長い間温めていた「こんなの欲しい」がやっとひとつの形になりました。

簡単に出し入れできて気軽に持ち歩けるもの、綿を入れてふんわりさせて、ファスナーはヘッドに傷がつくかもしれないし髪を噛む可能性もあるからパスね…などとあれこれ考えて結局プラスナップの組み立て式になりました。


オビツ11用組み立て式ドールポーチ・バスケット柄・濃茶1

表にバスケット柄の綿100%布を使ったポーチです。色は濃茶です。
裏に綿100%の白い布を使用し、表布との間にキルト芯を挟んでふんわりさせました。
本体にドール固定用のレーヨンテープを縫い付けています。端の始末は布用接着剤です。
本体とマチ部分に8カ所、上部のタブに1カ所プラスナップを取り付けています。ポーチを開いてドールを収納し、スナップで組み立てることができます。
かぶせ蓋はマグネットボタンで留めます。
本体後ろ側にPPテープで角カンを取り付けました。クリップや持ち手を取り付けることができます。

オビツ11用組み立て式ドールポーチ・バスケット柄・濃茶2

オビツ11ボディにオビツ11植毛ヘッド、ミニスウィーツドールヘッド、ねんどろいどヘッドを取り付けて使用感を確認しています。ねんどろいどなどの大きいヘッドでも使用することができますが、頭の重いドールの場合はマグネット足またはマグネット靴と鉄板をお使いください。

おまけとして、移動ポケット用クリップをおつけいたします。クリップ部分の色はグレーです。

オビツ11用組み立て式ドールポーチ・バスケット柄・濃茶3

カシメ式のプラスナップを初めて使ってみました。きちんと嵌められるものが取り付けられるようになるまでにたくさん失敗しましたが、軽くて軟らかめでお人形に傷をつけにくいのがいいなあと思っています。


*着用モデルにはドルチェ製ミニスウィーツドールを使用しています。(C)DOLLCE(C)ミニスウィーツドール

***
拍手ありがとうございました。

***
オークションに出品しています。
オークションは終了いたしました。ご覧くださった皆様に心より御礼申し上げます。
[ 2017/05/05 18:50 ] 小物 | TB(-) | CM(-)

ニードルフェルトのくまさん椅子

羊毛フェルト歴も結構長くて、最初の頃は原毛なんてどこで買うんですかという感じだった。
その頃は水と石けんを使っていたけれど、フェルティングニードルが出回るようになって世界が一気に広がったと思う。
ニードルフェルトは粘土細工と似ているといつも思っている。

何年か前からアクリル製のフェルト原毛を見かけるようになった。
ハマナカのサイトにはタワシにも…と書かれている。なるほど、その手があったか。

タワシじゃなくて椅子を作ってみた。背もたれに耳をつけてくまさん椅子に。



オビツ11なら背もたれつきの椅子サイズ。
オビツ11椅子として作ってみたんだけどリカちゃんも座椅子っぽく座れます。



手触りはやっぱり羊毛の方が上だと思うけれど、管理の手間が少ないというのは大きな利点。
羊毛は虫が心配ですからね…
それに失敗作はタワシにできるので気軽に挑戦できるのもよいところだと思う。


***

拍手ありがとうございました。
[ 2017/04/21 09:17 ] 小物 | TB(-) | CM(-)